和菓子の菓匠あさだ【大阪市東淀川区。話題のいちご大福等の季節限定商品から定番和菓子まで、こだわりの和菓子を販売。】  

和菓子の菓匠あさだ 和菓子の菓匠あさだ

季節の商品

今月のお勧め

定番商品

ギフト

菓子人のご紹介

菓子人の肖像

菓匠あさだブログ

菓子人の肖像

御木幽石先生関連

一畫オンラインショップ

ちゅちゅねっと

御木幽石ブログ

松石博幸デザイン事務所のブログ

あさだの想い

ご挨拶
代表取締役 浅田 勝 写真

代表取締役
淺田 勝

お客様にお喜び頂ける「日本の妙」
をお届けしたい

「妙」という言葉を辞書で調べますと、「不思議なまでに優れて美しい様」「いうにいわれぬほど優れていること」と書かれています。
菓匠あさだでは、「日本の妙」をいつも心に持ち、「技の妙」「おもてなしの妙」「素材の妙」「四季の妙」そして「人と人との妙」、すべての「妙」をお菓子に託してまいりました。
この言葉には、「お菓子を通じてお客様一人一人に、日本の美しさ・人の温かさにふれて頂きたい」という私達の想いが込められております。
これからもお客様にお喜び頂けるよう「夢と喜び」をテーマに「日本の妙」を追求し続けて参ります。

専務取締役 淺田 登志雄 写真

専務取締役
淺田 登志雄

「ふれあい、やすらぎ、おもてなし」の心で

和菓子の材料は、小豆をはじめとする豆類、餅米、米の粉などの穀類、芋類や、かぼちゃ、寒天、砂糖など植物性のものが多く用いられております。 和菓子の「餡」は主に小豆を原料として作られております。これらには、成人病の大敵である動物性脂肪はほとんど含まれず、それゆえ和菓子は健康的な菓子といわれています。
弊店の「餡」は丹波大納言小豆、備中大納言小豆、北海道産十勝小豆など、選りすぐりの小豆を使い、小豆の美味しさを最大限に生かすように工夫して作られています。 特に「漉し餡」は、豆の子実の中に含まれている「餡粒子」(数個のでんぷん粒が細胞膜に包まれた状態のもの)を傷付けず取り出して、すばやく白双目糖、氷砂糖と合わせて丹念に炊き上げたもので、独自の食感と風味が和菓子の味わいを高め「菓匠あさだの命」ともいえるものです。
弊店では、「夢と喜び」をテーマに、そして日本固有の風土に育まれた原材料を元に、「ふれあい、やすらぎ、おもてなし」の心で一つ一つ丁寧に和菓子作りに励み、お客様に、自然や文化と素材の持つ仄かな香りをお届けできればと願っております。

工場長 写真

製造部長
那谷 隆生

一粒の吟味

このページのTOPに戻る
会社概要
会社名 株式会社菓匠あさだ
所在地 〒533-0013 大阪府大阪市東淀川区豊里6-1-20
地図はこちら 地図が開けない場合はこちら
TEL 06-6325-3911
FAX 06-6325-3910
E-mail info@k-asada.jp
代表取締役 淺田 勝
事業内容 和菓子製造及び販売
このページのTOPに戻る